ジョサン

CSO/最高戦略責任者

通りすがりのカメラマン

父親が日本人、母やも日本人なのに、本人はフランス人を名乗る。

ジョナサン
父親が日本人、母やも日本人なのに、本人はフランス人を名乗る。
ジョナサン

ジョナサンのプロフィール

1970(昭和45)年生まれ
築上郡太平村にて野生児のように過ごす
幼少期は言語障害があり、言葉の壁を常に感じて過ごす
ジョナサン
小学校は4回変わり、小5から中3までの5年回イジメが続き、高校入学を気に「変わりたい」という一心で陸上部に入部。
 
職員室の隅でバリカンで頭を剃られる時に、2つのことを心に決めていく
 
1.絶対に休まない
2.絶対に辞めない
 
結果、3年間の全ての大会で自己記録を更新し続けて、表彰台に上がる選手になる。
陸上部引退後、在学中に易学をマスター
日本東洋易学協会で、表札学・人相学・手相学・方位学・姓名判断、四柱推命の知識を得る。
※当時、10代では日本初のことだったらしい
大学で、アルバイトを週7個入れて、睡眠時間は3時間の日々
アルバイトが面白すぎて、10ヶ月で大学退学。
20歳で社長となり、17年間苦悩の日々

実家の事業が危機に晒され、福岡にUターンして引き継ぐ、この時、20歳で社長となり、17年間苦悩の日々。

心の充実を求め心理探究へ。

心理学・哲学・自己啓発・スピリチュアルに関する本、教材、セミナーに1000万円使う。

その間、詩人のような生活を送り、7年間で発表した言葉(詩)は2500を超える。

2016年
化粧品会社を17年間経営後

化粧品会社を17年間経営後、環境関連、メンタルトレーニング関連、サプリ開発・販売、ゴルフ団体と渡り歩き、社会の中で生きにくくなりフリーとなる。

自分の人生を、極める、貫く、突き抜けるをテーマに、責任(やらなければならないこと)と義務(やるべきこと)の放棄をして、目の前の人を全力で幸せにすることだけ考える。

フランス人ジョナサン

ジョナサン

父の教えは「適材適所」
母の教えは「生き金を使いなさい」

「要は自由に生きられる場所で、好きに生きなさいってことね」と解釈。

そして2021年4月からガードナーと出会い、自分の生きる場所と定め運命を共にする。

ガードナー商品の鬼愛用者。

現在、ガードナーベルトとガードナーQttのダブル装着をして、1日23.5時間を過ごす。