howto

使い方

ルームシャンプーは座った状態と寝た状態のどちらでもご使用いただけます。
動画での説明と同じ内容を文章と画像で説明しております。

座った状態での洗髪

寝た状態での洗髪

座った状態での洗髪

使用方法のご説明

①準備

使い方01

以下のものを準備します。
・本体
・掃除機
・洗髪用のお湯
・霧吹き
・タオル
・手を洗うお湯等
・シャンプー(泡立ち、泡切れのよい専用シャンプーをおすすめします)

使い方02

本体の給水タンクに45℃以下のお湯を入れます。
水よりもお湯の方が洗浄スピードが速くなります。

使い方03

掃除機のホース口にルームシャンプーのジョイント部分を差し込みます。
準備はこれだけです。

②髪を確認・濡らす

使い方04

まず髪の状態を確認します。
整髪料が付いていたり、油分が著しく残っている場合は、温めた濡れタオルなどで可能な限り拭き取っておくと、効率的な洗髪ができます。
首周りにタオルをかけておくと、もし水がたれても安心です。
慣れると一滴の水もこぼさずにできます。

使い方05

次に、泡立ちをよくするため、霧吹きなどで、水がたれない程度に濡らしてください。
頭皮まで十分に濡らすのがポイントです。
顔に水がたれないように、額に手を添えるなど配慮しましょう。

③シャンプー洗髪

使い方06

シャンプーを手に取り、頭部全体にまんべんなく伸ばします。
専用シャンプーはムースタイプで泡立ちが速く、全体に伸ばすのが簡単です。

使い方07

指先の腹の部分で頭皮をマッサージしながらしっかり洗いましょう。
生え際は洗い残しやすいポイントです。力の加減や、かゆいところがないかなど、コミュニケーションを取りながら、心地よいシャンプーを心がけましょう。

 

Point
生え際の洗い残しに注意

使い方08

洗い終わったら、手についた泡を洗面器にためたお湯で洗うか、濡れたタオルで、きれいに拭き取ります。
汚れたままだと、他のものに付着して、作業の妨げになります。

④すすぐ

使い方09

ルームシャンプーですすぎます。
掃除機のスイッチを入れ、ヘッドブラシを頭に当てます。
給水スイッチを押し、お湯を吹きつけながら動かすことで、泡を吸い込みながら、すすぐことができます。

 

Point
スイッチONで水を噴射

使い方10

こめかみ周辺は耳を押さえてあげるとよいでしょう。
利き手側から動かすことで、手に泡がつかずにすすげます。

 

Point
・耳を押さえる
・利き手側からすすぐと泡が手につかない

使い方11

動かし方は、車のワイパーの動きをイメージするとよいでしょう。
後ろまで動かしたら、頭から離してまた前に戻り、すすぎを繰り返します。
ヘッドブラシを持ち上げる際は、水が垂れないように、スイッチを離して、軽くブラッシングしてから持ち上げて下さい。

 

Point
頭から離す前にスイッチを離して数秒吸い取る

使い方12

頭と隙間がある状態でお湯を出すと、そこから水が垂れてしまいます。
ヘッドブラシを頭皮に対して垂直に当て、頭皮との間に隙間がないか確認して下さい。
事前にご自身の頭でも試しておくとよいでしょう。

 

Point
ブラシを隙間なく垂直に当てる

使い方13

頭部の泡が完全に取れるまで繰り返して下さい。
この時も、コミュニケーションを取りながら、強さ加減などを調節しましょう。
中断する時は、シャワーヘッドを上向きに、本体にセットして下さい。水垂れを防ぎます。

 

Point
ヘッドを上向きに置く

使い方14

シャンプーがきれいに落ちているか、指先で触れて確認します。
専用シャンプーは泡切れがとても良く、短髪な方なら2周で洗い流せます。

⑤乾燥(クールドライ)

使い方15

すすぎが完了したら、そのまま乾かします。
給水スイッチを押さずにブラッシングするだけで、タオルで拭き上げたくらいまで、すぐに乾きます。
乾かす方向によって、簡単なスタイリングもできます。

 

Point
スイッチを押さずにブラッシング

⑥仕上げ

使い方16

最後に耳の周りや首筋などに、水滴や泡が残っていないか確認して完了です。
掃除機のスイッチを切って下さい。
耳際などに泡が残りやすいので、濡れタオルで拭き取ります。
必要に応じて、ヘアードライヤーや流さないトリートメントで仕上げます。

 

Point
適宜ドライヤーや流さないトリートメントで仕上げ

⑦片付け

使い方17

上蓋を外して、排水を捨てて下さい。
慣れれば、片付けまで5分で終わります。
排水がMAXラインを超えないように注意して下さい。

お手入れの詳細はこちら

身体洗浄

使い方18

専用スポンジをつけることで、身体を洗うこともできます。

ヘアカラー剤流し

使い方19

カラー剤も洗い流せます。
ルームシャンプー専用カラーリムーバー剤(近日発売)で簡単に洗い流せます。

(※原材料や流し方により落ち具合が異なります。)

ご自身でも使用可能

髪の長い方でも、ご自身でも使用可能です。
こちらの動画をご覧ください。

※長髪の方は時間と手間がかかり、またルームシャンプーの充分な経験が望まれます。
簡単にできる髪の長さは襟足五分(肩より上)までが目安です。
使用に慣れることで洗髪時間は短縮できます。

寝た状態での洗髪

使用方法のご説明

①準備

使い方01

以下のものを準備します。
・本体
・掃除機
・洗髪用のお湯
・霧吹き
・タオル
・手を洗うお湯等
・シャンプー(泡立ち、泡切れのよい専用シャンプーをおすすめします)

使い方02

本体の給水タンクに45℃以下のお湯を入れます。
水よりもお湯の方が洗浄スピードが速くなります。

使い方03

掃除機のホース口にルームシャンプーのジョイント部分を差し込みます。
準備はこれだけです。

②髪を確認・濡らす

使い方01

まず髪の状態を確認します。
整髪料が付いていたり、油分が著しく残っている場合は、温めた濡れタオルなどで可能な限り拭き取っておくと、効率的な洗髪ができます。
首周りにタオルをかけておくと、もし水がたれても安心です。
慣れると一滴の水もこぼさずにできます。

使い方02

次に、泡立ちを良くするため、霧吹きなどで水がたれない程度に濡らして下さい。
頭皮まで十分に濡らすのがポイントです。

③シャンプー洗髪

使い方03

シャンプーを手に取り、頭部全体にまんべんなく伸ばします。
専用シャンプーはムースタイプで泡立ちが速く、全体に伸ばすのが簡単です。

使い方04

洗髪します。
指先の腹の部分で頭皮をマッサージしながらしっかり洗いましょう。
生え際は洗い残しやすいポイントです。
力の加減や、かゆいところがないかなど、コミュニケーションを取りながら、心地よいシャンプーを心がけましょう。

 

Point
生え際の洗い残しに注意

使い方05

洗い終わったら、手についた泡を洗面器にためたお湯で洗うか、濡れたタオルで、きれいに拭き取ります。
汚れたままだと、他のものに付着して、作業の妨げになります。

④すすぐ

使い方06

ルームシャンプーですすぎます。
掃除機のスイッチを入れ、ヘッドブラシを頭に当てます。
給水スイッチを押し、お湯を吹きつけながら動かすことで、泡を吸い込みながら、すすぐことができます。

Point
スイッチONで水を噴射

使い方07

利き手側から動かすことで、手に泡がつかずにすすげます。

Point
・利き手側からすすぐと泡が手につかない

使い方08

動かし方は、車のワイパーの動きをイメージするとよいでしょう。
後ろまで動かしたら、頭から離してまた前に戻り、すすぎを繰り返します。
ヘッドブラシを持ち上げる際は、水が垂れないように、スイッチを離して、軽くブラッシングしてから持ち上げて下さい。

Point
頭から離す前にスイッチを離して数秒吸い取る

使い方09

頭と隙間がある状態でお湯を出すと、そこから水が垂れてしまいます。
ヘッドブラシを頭皮に対して垂直に当て、頭皮との間に隙間がないか確認して下さい。
事前にご自身の頭でも試しておくとよいでしょう。

Point
ブラシを隙間なく垂直に当てる

使い方10

頭部の泡が完全に取れるまで繰り返して下さい。
この時も、コミュニケーションを取りながら、強さ加減などを調節しましょう。
中断する時は、シャワーヘッドを上向きに、本体にセットして下さい。水垂れを防ぎます

Point
ヘッドを上向きに置く

使い方11

シャンプーがきれいに落ちているか、指先で触れて確認します。
専用シャンプーは泡切れがとても良く、短髪な方なら2周で洗い流せます。

⑤乾燥(クールドライ)

使い方12

すすぎが完了したら、そのまま乾かします。
給水スイッチを押さずにブラッシングするだけで、タオルで拭き上げたくらいまで、すぐに乾きます。
乾かす方向によって、簡単なスタイリングもできます

Point
スイッチを押さずにブラッシング

⑥仕上げ

使い方13

最後に耳の周りや首筋などに、水滴や泡が残っていないか確認して完了です。
掃除機のスイッチを切って下さい。
耳際などに泡が残りやすいので、濡れタオルで拭き取ります。
必要に応じて、ヘアードライヤーや流さないトリートメントで仕上げます。

Point
適宜ドライヤーや流さないトリートメントで仕上げ

⑦片付け

使い方17

上蓋を外して、排水を捨てて下さい。
慣れれば、片付けまで5分で終わります。
排水がMAXラインを超えないように注意して下さい。

お手入れの詳細はこちら

身体洗浄

使い方18

専用スポンジをつけることで、身体を洗うこともできます。

ヘアカラー剤流し

使い方19

カラー剤も洗い流せます。
ルームシャンプー専用カラーリムーバー剤(近日発売)で簡単に洗い流せます。

(※原材料や流し方により落ち具合が異なります。)

ご自身でも使用可能

髪の長い方でも、ご自身でも使用可能です。
こちらの動画をご覧ください。

※長髪の方は時間と手間がかかり、またルームシャンプーの充分な経験が望まれます。
簡単にできる髪の長さは襟足五分(肩より上)までが目安です。
使用に慣れることで洗髪時間は短縮できます。