Gear-Lab SNSディレクター

魚が好き、デザインが好き、音楽が好き。

好きなものと共に生きている感受性マックスの19歳。

ゆりちゃん

水族館で飼育員さんに質問攻めするオタクがいたらそれは私です。
街中で、自動ドアをまるで魔法のように開けている変人がいたらそれも私です。
魚のぬいぐるみをたくさんつけたリュックを背負っているオタクがいたら、それも私です。

モノマネが得意。知り合い、カラス、ネコ、サバ、水族館の飼育員さんまでやれます。
遊び心を忘れず、きゅうりの美味しさに感動し、日常の小さなことで幸せをかみしめるコスパの良い19歳。

ゆりちゃんのプロフィール

2003年
福岡で生まれる

お相撲さんを見て「え、これ着ぐるみじゃないの…?」とおびえ、スーパーの魚売り場で「いいにおい!」と魚の生臭さを胸いっぱいに吸い込む幼少期を過ごす。

2009年
小学校入学

ジャングルジムで鬼ごっこ、くさむらでバッタを捕まえ、放課後はカナヘビ採集、時々カマキリとミミズに明け暮れる日々。

口癖は「退屈」、遊んでも遊んでも遊び足りない!

このころ、知り合いに魚図鑑を買ってもらい、魚の魅力に気づく。写真は一年生と六年生の時にかいた魚。ゆりちゃん02 ゆりちゃん01

2019年
高校入学

絵がうまくなりたい一心で、高校は美術系のコースに進学。同じ美術コースの個性が強すぎる仲間たちと、締め切りに追われながら気合で作品を仕上げる。

合言葉は「できるできないじゃない、やる」

2020年
動画制作のきっかけ

高校の先生に、「動画を作ってほしい」と頼まれる。動画の作り方もソフトの使い方も、撮影のやり方もまったくわからなかったが、楽しそうという理由で引き受け、動画制作を行う。

このころから水族館に通い詰め始める。

2021年
このままニート生活・・・!?

高校三年生に進級し、周りは受験や就職活動を始めた。自分が進学することに違和感を覚えつつも、就職も違うと思い、何一つ卒業後の進路を決めないパワープレイを押し通す。
実のところ、魚とデザインやイラスト等に関わる仕事が夢だった。

しかしそんなちょうどいい仕事が見つかるはずもなく、結局卒業式の日まで進路は決まらず終い。

2022年4月
ガードナーとの出会い

たまたまガードナーのHPを見て「たのしそう!この人たちと仕事してみたい」と勢いで応募。無事初めてのお仕事先はガードナーに決定した。

日々皆さんの熱意と勢いに負けないように、動画編集を全力で楽しんでいる。

2022年10月
ギアラボのSNSディレクターに

動画編集担当として仕事を始めたはずだけど、
気づいた時にはギアラボのSNSディレクターになっていた。

「…あれ、魚にもデザインにもかかわる仕事をやっている…!?」と、社会人一年目にして、いきなり夢が叶っていたことに気づく。

結果、メルマガ、インスタ、youtube等をニチャァと笑いながら運営する変態SNSディレクターが爆誕。

だいすきなものに囲まれて幸せ!

毎日魚の絵を描くのが仕事って、こんな幸せなことあるんでしょうか?

「まだ誰もやったことがない」「誰もやり方を知らない」中で挑戦するのって、どうしてこんなにワクワクするんだろう。

ギアラボをもっと面白く、もっと楽しく、もっとみんなに知ってもらうために、毎日模索中。


大好きな仕事で、人を笑顔にさせられる。そんな幸せなことってないよね!