発売2年で累計14万本の腰楽ベルト「ガードナーベルト」SNSで口コミが広まり急成長中

着けた瞬間、思わず笑顔になる締め心地

2020年4月24日に発売が開始されたガードナー株式会社(福岡市東区、代表取締役 福山克義)の開発した「ガードナーベルト」が、2022年9月末に累計販売本数14万本を突破しました。特に今年の5月から売れ行きが伸び始め、月平均4000本前後の出荷だったところが、月に1万本にまもなく届きそうな勢いです。

独自開発の滑車構造が可能にした これまでにない締め心地

従来のコルセットやサポーターと呼ばれるものはゴム素材で出来ており固定力に限界がありましたが、本製品は一切ゴムを使わず伸びないためガッチリ固定されます。
加えて特許技術の動滑車構造により1/10の力で引けるのでお年寄りでも簡単に締めつけられ、また逆に緩めることも容易です。服の上から装着可能で、脱着も簡単。

その固定力と心地よさに驚きの声が多数上がっています。
「今までにない気持ち良さ、まるで誰かに支えられている感覚。」
「着けた瞬間にシャキッとなり、フィット感がすごい。」
「すでに5~6本のベルトを持っているが、ダントツで良い。」
「デスクワークばかりで腰痛と反り腰猫背に悩んでいたが、腰負担は改善し、外しても良い姿勢が意識できるようになった。仕事終わりのリフレッシュにも最適。」
「介護仕事で腰をかがめて抱える際に安定感がある。今までのはすぐズレたり伸びたりしていたが、これならバッチリ。」
「畑仕事は立ち仕事が多く、特にかがむ姿勢がいつも辛かったが、腰の負担が気にならなくなった。」

使うと思わず誰かに教えたくなる 実力派商品


特に特徴的なのが、購入者が自分の家族やお友達の分を追加購入をしていくケースが多いことです。この口コミを起こす商品力がSNSでも広がりをみせており、月に1万本到達という大きな”バズ”に繋がっているのではないかと思います。