初代グランプリ決定!水着審査も堂々と会場を魅了

【初代グランプリ決定|水着審査も堂々と会場を魅了】

2022年スタートの新しい国際ミスコン・ミスギャラクシーオブビューティーJAPANの第一回西日本大会が15日(日曜)にアクロス福岡(福岡県福岡市)で開催されました。
70名の応募者の中から振るいにかけられた13名のファイナリスト達が初代グランプリを目指して競演、会場を魅了しました。
ガードナー株式会社(代表取締役:福山克義)はミスギャラクシーオブビューティーJAPANの公式スポンサーを務めています。

水着審査も堂々と美しく
この日に向けて9ヶ月に及ぶ様々なレッスンを乗り越えてきたファイナリストからは、外見の美しさのみならず、内面からも溢れ出る自信と美貌を感じました。
カジュアル審査、水着審査、ドレス審査、スピーチ審査の結果、見事に初代グランプリを受賞したのは計盛麻衣さん。第一声で観客の心を掴む堂々としたスピーチも素晴らしかったです。

(写真:初代グランプリの計盛麻衣さんとガードナー株式会社 福山剣介)

ピンヒールで優雅にパフォーマンス、観客を魅了
ガードナー株式会社からはミスコン参加者全員に、スタイルアップベルトの「ガードナーQtt!」を提供させていただきました。
初代グランプリの計盛麻衣さんは「腰を支えてくれる安定感と、意識しなくても自然と背筋が伸びるのを感じる」と使用感についてコメントしてくれています。
10センチ以上あるピンヒールで舞台を優雅に歩き回るためには、隠れた努力を重ねてきたことでしょう。そんな日々の挑戦を応援でき、開発者冥利に尽きます。

いよいよ全国、そして世界大会へ
西日本大会ではグランプリの他にも7名が選出され、今年10月に予定されている全国大会に向けてさらなる磨きをかけていきます。日本大会の後は、いよいよ世界大会が控えています。挑戦はまだはじまったばかりです。
ガードナー株式会社はこれからも開発を通じて、挑戦する人を応援していきます。