ガードナー「防犯アイテム第1弾」スパイ映画のようなオシャレ防犯アイテム

社会課題を明るく解決をテーマにものづくりを行うガードナー株式会社(福岡市東区、代表取締役 福山克義)は、自社開発した「ガードナー防犯グッズ」第一弾となる、防犯・護身を目的とした傘、「ガードナーランス」を、2022年10月28日(金)11:00からクラウドファンディングサービスサイト「グリーンファンディング」にて先行販売を開始します。

ガードナーランス公式ページ:https://lance.guardner.jp/

◆メインは防犯、護身のためのアイテム、英国スパイのように強くスマートな自分になりきれる
当商品は世界的にも、また治安が良いと言われていた日本においても日々犯罪が発生しているニュースを目にする中で、自身で身を守れ、且つ軽快にカッコよく持ち運べる防犯グッズを作りたいという思いから開発がスタートしました。
“ランス”とは、古くヨーロッパの騎兵に用いられた槍の一種であり、日本語では、「騎槍」という意味もありますが、「ガードナーランス」は、日本武術の1つである「杖術」から生まれた商品です。そのアイデアには当社の代表の空手40年、杖術46年の経験が生かされており、杖術の杖のように、柄の部分もストレートのデザインで、直径は約3.5センチメートルと槍のようなフォルムのスマートなデザインです。
社会にある多くの防犯、護身グッズは常に身に付けることをためらうデザインであることも多く、また日常使いができない商品であるため、徐々に持ち歩かなくなり、いざというときには手元にないということもあります。防犯や護身というと、どうしてもネガティブで暗いイメージがありますが、当社は「どれだけ明るく笑顔に解決できるか」を工夫することを一番に開発しました。
「ガードナーランス」は、そのスタイリッシュでスマートなデザインから、持ち歩ける防犯・護身グッズとなり、何より、「ガードナーランス」を持つことで映画にあるような“英国スパイ”のように、持つ人の気分を強く前向きに変える“心の武器”にしてほしいという願いが込められた商品です。

◆光で防御、隠しアイテムのLED付バージョンも
「ガードナーランス」は、商品そのものが防犯、護身として使えますが、柄の先端に付帯しているLEDが、大きな役割を持っています。夜間の暗がりで、その光を相手に向けると、一瞬光で相手の動きを封じ込めることができ、その間に逃げることや「ガードナーランス」で防御することができます。
もちろん、災害時は明かりの役目をするため、防犯、護身に加え、防災グッズとしても活用いただけます。

◆「持ち歩けなければ意味がない」スマートに持てるストラップで雨傘でも日傘でも毎日使える
防犯、護身グッズは日常で身に付けられるものでなければ、いざというときに役に立ちません。「ガードナーランス」は傘としての機能も高く、雨傘としても、日傘としても万能で、日常使いができることも強みです。
また、柄の根元にはストラップが付いており、持ち運ぶときには手首に掛けると両手が使え、さらに商品自体が地面に垂直になりやすいため、傘を持ち歩く際の悩みである“片手が塞がる”“かぎ型の柄を手首にかけても周囲の人に当たってしまう”ということなどがなく、スマートに持ち歩くことができます。

【商品概要】
商品名:   ガードナーランス
用途:      防犯、護身、防災グッズ、傘
仕様:         手動式開閉
<LEDモデル>
幅約960㎜(開いた状態)直径3.5㎝(閉じた状態)・長さ約838㎜(LEDモデル)・重さ約205g(電池の重さを含む、単4形電池1本)・ポリエステル生地(UV加工)・LEDライト(生活防水IPX4)※電池は付属しておりません
<シンプルモデル>
幅約960㎜(開いた状態)直径3.5㎝(閉じた状態)・長さ約824㎜(LEDモデル)・重さ約185g・ポリエステル生地(UV加工)
販売予定価格:<LEDモデル>  24,200円(税込、送料込)
       <シンプルモデル> 22,000円(税込、送料込)